小児・予防歯科

小児歯科の治療内容Hiraoka Dental Clinic

小児歯科治療において最も重要なこと

写真

お子様は歯医者に対して「怖い」「痛い」というようなイメージを抱いていることが多いと思います。
大人の方でも、歯の治療時には恐怖心から緊張される方も多いのですから、お子様ではなおさらの事です。

特に小さなお子様にとって、初めて治療を体験する時は、診療台に座るだけでも非常に勇気のいることなのです。
ですから、当院においてのお子様の治療には第一に
“恐怖心を取り除く事 ”から始めます。

診療室の雰囲気に慣れていただいてから、本格的な治療に入っていきますので、時間や回数がかかってしまう場合もあります。

ですが、焦って治療を行い、一度「恐怖」「痛み」を経験してしまうと、お子様は2度と歯の治療に行きたがらなくなります。

時には治療が出来ずに遊びだけで終わってしまう事もありますが、少しでもお子様に安心して治療を受けていただくため、根気よく対応していくのがベストだと考えています。

なかには、どうしても治療が不可能なお子様もいらっしゃいますが、そのようなケースでは無理をしないよう、フッ素やレーザーで虫歯の進行をコントロールし、きちんと治療が出来るのを待ってから処置します。
初めはほんの少しでも出来れば、一緒にほめてあげましょう。

虫歯予防

シーラント

歯ブラシだけでは取りきれない食べカスなどが、歯に残り、虫歯の原因となります。
そういった歯ブラシが届かないところにいる虫歯菌を、レーザーで滅菌します。
また、レーザーによって歯が強くなり、虫歯になりにくくするほか、フッ素も浸透しやすくなるため、特に初期虫歯や、乳歯などの虫歯予防に効果があります。

写真

フッ素塗布

フッ素には歯に塗布するとエナメル質からフッ素が取り込まれ、虫歯の原因菌の働きを
抑えてくれる作用があります。
ごく初期の虫歯は歯の再石灰化により治ることがあり、フッ素はこの働きを強くします。
また、レーザー照射を併用することにより更に虫歯になりにくい強い歯がつくられます。

写真

毎日正しく歯磨き出来ていますか?

シーラントもフッ素塗布も非常に優れた虫歯予防処置ですが、これで十分というわけではありません。
期間が経つとシーラントがはずれたり、フッ素の効果も薄れてきます。きちんと毎日正しいブラッシングを行い、食生活にも注意したうえで、シーラントがしっかりついているかなどの定期検診を受けたりするなど、きちんとした管理が大切です。

保護者様へ-歯磨きについて

お子様の歯磨きで気を付けて頂きたいことなど

詳しくはこちら

平岡歯科クリニック 歯のことなら何でもご相談ください。

お問い合わせ・ご予約 TEL 0797-81-6231

メールでの無料相談・お問い合わせはこちら ※24時間受付中

小児・予防歯科

スケジュール

12月の診療について

※お知らせ

○7月21日(金)午後の診察は歯科相談(宝塚市立口腔保健センター)出務により4時30分からとさせていただきます。

アクセス

アクセス

〒665-0847
兵庫県宝塚市すみれガ丘2-6-1プラーザコムズ1F

TEL 0797-81-6231

店舗来客用 無料 / 駐車場(約30台)

大きい地図を見る

ページトップへ戻る